名古屋をはじめ愛知・岐阜の店舗やクリニックのデザイン看板の制作ならデザカン.com

スタッフブログ

Blog
金属文字の素材選び

看板に使用する素材

看板に使用する素材を事務所で選定中です。
今回は金属切り文字の素材。立体感のあるちょっと凹凸のある文字を制作する際使用します。
その金属をどんなモノで制作するのか決めなければいけません。
とりあえず3種類をメーカーさんからサンプルを頂きました。

金属切り文字

こちらが磨きをかけた光沢のあるゴールド!
反射して鏡面状態でピカピカして綺麗です。高級感も出ますし、何より光沢がすごいので目立ちます。
手垢が目立つ位の鏡面なので、手の届かない所に看板立てないと手垢だらけになっちゃうかも・・・。苦笑

看板デザイン

こちらは一番スタンダードなゴールド。和食屋さんとか寺社とかで使われていますね。
落ち着いた風合いで品良く見せることもできます。背景との色の組み合わせをしっかりすれば高級感が高まります。

野立て看板の素材

こちらがヘアラインが入ったゴールド。筋が入っているのがヘアライン加工です。
このヘアライン入りのゴールドは3種類の中で一番高くて、表現が上品で目立つ・・・なんかいいとこ取りしたようなゴールドです。それだけ加工に手間が掛かっているので、個人的にやっぱり使うなら使ってみたいです。


切り文字をどんな素材を使うのかだけでも印象は変わるので、素材選びは重要です。
インクジェットシートだけを使うのもいいですが、目指すお店によってはシンプルに素材だけで勝負するのもいいですよね。

お問い合わせはこちら!