整骨院や接骨院の集患できるデザイン看板の制作なら名古屋のデザイン事務所ゾッド

接骨院の看板

Orthopedic
商圏を考えた看板

狭い「商圏」を考えた接骨院の看板

特殊な治療を行う接骨院は別として、通常の接骨院の商圏は非常に狭いものです。
ホームページを立ち上げて広い範囲から集患しようとしても、実際に来院されるのはご近所の方なのがほとんどです。
つまり、整骨院は典型的な地域密着型業種なのです。
怪我や痛みなど身体に不調を抱えた患者さんは出来るだけ自宅から近い整骨院に通いたい為、
近いという事が大きな優位性になります。
近隣住民をしっかり獲得する事は整骨院経営において非常に重要であり、
その近隣に一番効果的なPR手段は整骨院の外観・看板なのです。

自費診療を目指した集患

保険患者と自費患者では外観・看板デザインの反応するポイントが違う

当社へのご相談で最も多いのは集患と保険診療から自費診療への移行を目的とした看板・外観デザインのテコ入れです。
整骨院は保険が効くというイメージが強く、自費と保険診療の違いをよく知っている人はほとんどいません。
そこで普通の整骨院と違うという印象を与えなければ、仮に来院してくれても後から揉める原因になります。
デザインとしては少し高級感が必要となってきます。
このような理屈で看板やファサードに工夫を凝らすことで、
自費患者になりうるターゲットはある程度覚悟して来院しますし、この層は説明をすれば理解をしてくれます。
ここで重要なのは値段ではなく治るのかどうか?という事です。
そこで単に高級感を出すだけでなく、どのような人を目的にしていて、どんな技術を提供しているのか?
を明確に表現しなければなりません。このターゲットは本質的にはいいものを選んでいる傾向にある為、
単純な直接的表現の広告には反応しません。

お客様からのご感想

頂いたご感想の一部を掲載しております。

看板デザイン・施工のご相談はこちら!