名古屋をはじめ愛知・岐阜の店舗やクリニックのデザイン看板の制作ならデザカン.com

スタッフブログ

Blog
朝イチから接骨院の看板工事!

接骨院の看板

接骨院の看板工事が始まりました!

先月から看板デザインを進めてきた名古屋市西区のこんどう接骨院様。
朝から看板施工が開始です。今回はクレーンを使うので少し音がするので近所の方々に事前にご挨拶させて頂きました。事前に挨拶させて頂いていたので施工当日は近所の方が数名見にきていました。(汗)
でも、それだけこんどう接骨院が近所の方々とコミュニケーションを取っているということですね。
「どんな看板なの?へ〜いいねぇ。」とおばさま方と話している間に作業が進みます。

窓のカッティングシート

窓のカッティングシートを貼り付け

窓ガラスにカッティングシートを貼り付けていきます。
2枚のガラスを跨る木のシートを誤差が内容に貼っていきます。
シートとガラスの間に空気が入らないよう空気も抜きながら丁寧に貼り付けていきます。

「フクロウの脚の部分は細いので慎重に〜!」

と声を出してしまいました。そんな心配いらないんですけどね。^^;

行灯看板

行灯看板も新しく取り替え

行灯看板もデザインを新しく取り替えです。
シートを貼った新しいアクリル板が取り付けられます。
行灯看板は中に電灯が入っているので、取り付け時に電灯のチェックもしていきます。
今回は下段の器具が壊れていたのでついでに交換させて頂きました。
行灯看板はモノによっては一昔前の器具が使われている場合があるので、電灯が切れた際にチェックが必要です。



壁面看板の取り付け作業

次は壁面看板の取り付け作業です。
今回は住宅兼接骨院なので、壁面をあまり傷つけないよう軽量アルミフレームでフレームを作り、壁に負担が掛からないよう一工夫してあります。看板本体も切り文字が入った拘った作りとなっています。
立体切り文字は照明が点灯すると灯によって、影が出来上がるので雰囲気が出ます。
今回は2羽のフクロウも切り抜いて立体になっています。

ささっと作業が進んで約2時間で全ての施工が完了しました。
看板をデザインしている時間の方がはるかに長い・・。(笑)

取り付け後に近所の方が来られ、「可愛くなったね!印象が違うねぇ〜。」と声を揃えていました。
外観が変わると印象がガラリと変わります。
やっぱり印象って大事ですよね。

お問い合わせはこちら!