名古屋をはじめ愛知・岐阜の店舗やクリニックのデザイン看板の制作ならデザカン.com

スタッフブログ

Blog
100%のお仕事をする立て看板
立て看板

壁面看板、野立て看板、袖看板など看板にも種類があります。
大きな看板だけが看板ではありません。
・・・と言うコトで不動産屋さんから売地・売り物件に立てる立て看板をご依頼頂きました。
よく空き地にある看板です。「売物件」「売地」の表示がある看板です。
簡単な看板・・・と思われるかもしれませんが、実際どうでしょうか?
皆様、この売地・売り物件の立て看板じっくり見たコトありますか?

そんなにじっくり見るモノじゃないでしょ?と思いますが、どこの不動産会社が販売してるか?
まで認識することはありますか?
サラッと見て「売ってるんだ!」くらいだと思います。
個人的に・・そう言うのダメだと思います。
看板としての役割を5割りしか果たしてない看板です。それは。
やっぱり「ん?これどこの不動産屋さん?」まで行きたいモノです。

看板のデザインも重要ですが、まずはサイズです。
看板の面積を大きくすると強風など風を考える必要があるので、土台の構成も考えていきます。
今回は横幅600×縦900と少し大きめ。
風で倒れないように土台を作ります。
実際に不動産会社のスタッフさんが置き運びするので、重さ・使いやすさも考えて設計します。

看板部分と土台の取り外しが可能。
そして倒れにくのに軽量な看板が出来上がりました。

お問い合わせはこちら!